認知症ケアの場面で注目されているバリデーション療法とは

【おすすめ記事】 価値観の共有を目指す手法

「探求」と「受容」のコミュニケーション術

誰かに話をしている時、相槌を打ってはいるもののなんとなく聞いてくれていないように感じたことはないでしょうか。人は、心から耳を傾けてくれているかどうかは自然とわかるものです。これは、認知症の人でも同様です。自分の話を真剣に受け止め、否定せずに一緒に出口をみつけようとするコミュニケーションは、安心感を生みお互いの間に信頼関係を築きます。

更新日:

価値観の共有を目指す手法

価値観の共有を目指す手法

認知症ケアの場面で注目されているバリデーション療法は、かつてはないがしろにされてきた認知症の人の感情を大切にし、どんな行動にも必然性があると捉える考え方です。話に耳を傾け、共感し、そう感じたのはなぜなのかを理解しようとする姿勢を示すことによって、うまく自分を表現できない認知症の人が安心できるサポートを行っていきます。もしも話の内容が現実とは異なるようなものでも、否定するのではなく、一歩踏み込んでその人がみている世界の共有を目指します。

日常生活の中でも試してみよう

具体的な実践方法

バリデーション療法のテクニックは、豊かなコミュニケーションや信頼関係の構築にとても役立ちます。多くの項目がありますが、その1つひとつはすぐに実践できるものなので、まずはできそうなことから始めてみましょう。

この記事の続きを見る